ご挨拶

会員の皆様におかれましては(公社)東京都猟友会に対し日頃よりご支援ご協力を頂きまして誠にありがとうございます。おかげ様にて本会のスムーズかつ健全な運営ができますことに深く感謝を申し上げます。

近年日本のあらゆる地域におきまして鳥獣による農林水産業への被害が増大しており行政においても数年前より鳥獣法等の改正を行いその拡大の阻止に努めてまいりました。全国の猟友会及び狩猟者の皆様が生態系の保護管理の担い手としてその意義を深く理解し行動されていますことは誠に有意義なことであります。また、有害鳥獣捕獲の実施については地元猟友会の皆様が年間を通して参加いただき本会の公益性の根幹となっております。

他方、狩猟者の減少を少しでも食い止めるということも重要な目的と考えなくてはなりません。経験豊かな会員皆様の助言、何か有効な手だてがあれば意見をお聞かせください。東京都猟友会として、若い世代の方に積極的に参加していただける環境を整備すべく関係機関に対し働きかけ取り組んでまいります。

会員の皆様には、どのような場合でも基本理念を忘れず安全狩猟の基本である「獲物の確認」「矢先の安全の確認」「脱砲の励行」に努めていただき、十分な体調管理の基「無事故」「無違反」で過ごされますよう心からご祈念申し上げます。