令和3年度の狩猟免許更新手続きについて

更新対象者

令和3年(平成33年)9月14日に有効期間が満了する狩猟免許を所持し、現に東京都内に住所地があり、法律で定められた欠格事由のいずれにも該当しない方。

 

令和3年度における講習の取扱について

例年、狩猟免許を更新しようとする方には、東京都が実施する講習会を受講していただいておりますが、令和3年度も新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、

講習会を取止め、更新申請の際に配布する資料を基に自己学習をしていただきます。

 

更新申請受付期間

令和3年5月17日(月)から令和3年9月14日(火)まで

 

手続き(本人が書類をもって直接申請をする時)

平日にご自身で都庁環境局窓口で更新申請を行うと、その場で適性検査が受けられ更新手続きが完了します。適性検査合格後に手続きをすると、後日狩猟免状が郵送されます。

 

手続き(日曜日の適性試験を受験する時)

日曜日の適性検査は3回のうちいずれかですので、失効しないよう注意してください。

休日の適性検査日程(事前申請が必要です。

休日の適性検査を受検する方は、事前申請が必要です、地区長又は事務局を経由して東京都猟友会まで事前申請をしてください。
多数の方が適性検査会場に集まるのを防止するため適性検査の時刻は指定させていただきます、受験票に記載のある時刻に適性試験会場にお越しください。
各会場の定員に達し次第、期日前でも予告なく締め切る場合があります。
 
  注意事項
  発熱や風邪の症状がある方は、申請及び受検をお控えください。
  申請窓口及び受検会場ではマスクの着用にご協力をお願いします。
  手指の消毒、咳エチケット、手洗いの励行をお願いします。
  非接触型体温計で体温を計測いたします。37.5℃以上ある方は受検出来ません。    
  受検が不可能となった場合、受付期間内に窓口で適正検査または別日程の休日の
  適正検査を受検して下さい。